子どもの足をトラブルから守るためには?

子どもの足をトラブルから守るためには、「足の計測」をまめにし、「靴のサイズがあっているか」をしっかりとみておいたほうがいいでしょう。

計測をして「このサイズ!」とわかって靴を探しても、メーカーや物によってはその子に合わない場合もあります。サイズは合っているのに…と思いますよね。

サイズだけでなく、子どもの足の厚みや幅は一人ひとり違います。この部分の大きさも見てもらいながら靴を選び、トラブルから足を守りましょう。(靴の専門家が常駐のお店で見てくれますので聞いてみましょう)

また、足の状態を気にかけることも大切です。爪や皮膚はSOSのサインが出ていることもありますので要チェックです。

 

靴の破損は、子どもの足の状態を悪化させる可能性があります。靴が破けていないか?マジックテープが甘くなっていないか?ということも忘れずに見てください。

関連コラム

  1. ハイハイの動きの大切さ

  2. 「カラダの硬さは、ココロの硬さ」

  3. 4.5歳でもハイハイの運動いる?!

  4. 子どもの動きを観察してみる

  5. 「発達はなんでも早いほうがいい」…?

  6. 筑紫野市 子育て支援事業で講座!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。