4.5歳でもハイハイの運動いる?!

ハイハイ(這う動き)は大切というお話をよくしますが、これは0歳だけではないんですね。

その先の年齢の子どもたちにも、遊びの中に取り入れたい動きです。

その大切さがわかる園が随分と増えたのも事実です。

外に出れば、どこでどんな遊びができるかなぁ?紹介できるところはないかなぁ?と無意識にキョロキョロしています。

たまたまお花を見に行った時のこと…

いい斜面あるじゃん!とおもってたら

この場所で遊んでいる子をたくさん見ました。

さすが遊びを生み出す天才の子ども。

大したことしてないようで、めっちゃ体使ってる!!

伝わりづらいけど…

斜面をハイハイの体勢で手をついてのぼったり、ジャンプで飛び越えたり、勢いつけて駆け上がったり…

これは筋肉使ってていいですね!

※ここ大事!!

こんな遊びを子どもにやって!ではなく

乳幼児期に大人がたくさん見せたり、繰り返し一緒に遊ぶことがとてもとても大切なのです。

花を見に行ったのに、伝えなきゃ!と写真撮ってて半分しかお花見てません(笑)

あぁ、綺麗〜

関連コラム

  1. 子どもの動きを観察してみる

  2. 「カラダの硬さは、ココロの硬さ」

  3. 福岡市東区で足育講座でした!

  4. 福岡市南区子どもプラザで足育講座でした

  5. ハイハイの動きの大切さ

  6. 「発達はなんでも早いほうがいい」…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。